戻る

戻る

小川 未明

チューリップの芽

読み手:渡邊 明美(2020年)

チューリップの芽

著者:小川 未明 読み手:渡邊 明美 時間:2分37秒

 チューリップは、土の中で、お母さんから、世の中に出てからの、いろいろのおもしろい話をきいて、早く芽を出したいものと思っていました。
「ちょうちょうは、どんなに、美しいの?」と、お母さんにたずねたりしました。
「そんなに、いそいではいけません。いい時分になったら、お母さんがいってあげます。それまでは、おとなしくして、待っておいでなさい。」と、お母さんは、さとされました。
 けれど、今年出るチューリップは、がまんしていることができませんでした。
「お母さん、もう、芽を出してもいいでしょう。」といいました。
「いいえ、まだ、いけません。」と、お母さんは許されなかったのです。
 けれど、とうとうチューリップは、がまんができなくなって、銀色のかわいらしい芽を土の上へ出しました・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.