閉じる

閉じる

紫式部 、与謝野 晶子

源氏物語 末摘花

読み手:麻中 恒子(2020年)

源氏物語 末摘花

著者:紫式部/与謝野 晶子 訳 読み手:麻中 恒子 時間:1時間7分11秒

皮ごろも上に着たれば我妹子は聞くこ  
とのみな身に沁まぬらし         (晶子)

 源氏の君の夕顔を失った悲しみは、月がたち年が変わっても忘れることができなかった。左大臣家にいる夫人も、六条の貴女も強い思い上がりと源氏の他の愛人を寛大に許すことのできない気むずかしさがあって、扱いにくいことによっても、源氏はあの気楽な自由な気持ちを与えてくれた恋人ばかりが追慕されるのである。どうかしてたいそうな身分のない女で、可憐で、そして世間的にあまり恥ずかしくもないような恋人を見つけたいと懲りもせずに思っている。少しよいらしく言われる女にはすぐに源氏の好奇心は向く。さて接近して行こうと思うのにはまず短い手紙などを送るが、もうそれだけで女のほうからは好意を表してくる・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.