閉じる

閉じる

岡本 かの子

巴里のむす子へ

読み手:藤崎 巧子(2021年)

巴里のむす子へ

著者:岡本 かの子 読み手:藤崎 巧子 時間:10分57秒

 巴里の北の停車場でおまえと訣れてから、もう六年目になる。人は久しい歳月という。だが、私には永いのだか短いのだか判らない。あまりに日夜思い続ける私とおまえとの間には最早や直通の心の橋が出来ていて、歳月も距離も殆ど影響しないように感ぜられる。私たち二人は望みの時、その橋の上で出会うことが出来る。おまえはいつでも二十の青年のむす子で、私はいつでも稚純な母。「だらしがないな、羽織の襟が曲ってるよ、おかあさん、」「生意気いうよ、こどもの癖に、」・・・

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.