戻る

戻る

河合香織さんのポエム

家族の支えがあったから・・・

読み手:ミリミリカッチ(2015年)

私が生まれたとき
おじいちゃんは「うちに姫ができた!」
一番喜んでいたよと言う母
しばらくたっても 首も支えきれない私を
おんぶして 縋る想いで病院へ
待つ時間さえも 「大丈夫だからね」抱きよせた

「歩けますか?」
「しゃべりますか?」と聞く母
「歩けません」「しゃべることもできません」
言う一言で どんな気持ちだったの?
兄たちは どんなことを思ったのか
ときどきこう思います

父は座らない私を
抱いてもらってテレビを見る私を
どんな気持ちで抱いていたの?

一口サイズのおにぎりを作って
食べさしてくれたおばあちゃんは
どんなことを思い食べさしてくれたのか
ときどきこう考えては
「ありがとう」とつぶやくの 

家族みんなに支えてくれたから
今の私に出会ったよ

リストに戻る | 次へ

Copyright© 一般社団法人 青空朗読. All Rights Reserved.